20160921-01
このブログに13本くらい記事を書きましたが、昨年9月に香港旅行に行きました。

その時、出国前の一般エリアで、上の写真のようなHilton Grand Vacationsの係の人に声をかけられました。「旅行に関するちょっとしたアンケートに答えてくれたら粗品を差し上げますよ」と。

時間はたっぷりあったのでさらさらーっとアンケート用紙にだいたい真実を記入。その結果頂いたのは、
20160921-02
こういうボールペン。

ヒルトンのタイムシェアの説明会に参加しませんか

粗品で距離を詰めて(?)、やんわりと本題に入ってきます。

ヒルトンにはタイムシェアという素晴らしいシステムがあって、もちろん旅行から帰ってからでいいんだけど説明会に参加してくれれば、ハワイのヒルトンに無料で宿泊できるよ、と。購入する・しないにかかわらず、話を聞いてくれればそのプレゼントは必ずもらえるよ、と。

その無料宿泊とやらにどういうからくりがあるのかわかりませんが、なんか損するカラクリがありそうなことがわかれば利用しなければいいだけですからね。なのでとりあえず、説明会への参加をそこで申し込みました。

タイムシェアの説明会に参加してきた

香港から帰国して数日後、早速 Hilton Grand Vacations のタイムシェアの説明会に行ってきました。

結局のところヒルトンのタイムシェアがどういうものかと言うと、

1年を52週に分け、高級コンドミニアム・スタイルの部屋を1週間単位で所有する権利を購入できる

というもの。
物件そのものについては、DVDでアピールされたものによれば、そりゃぁいいお部屋ですねぇ。

で、毎回ホテルを利用することと比較したら、タイムシェアなら「資産」になるし、 もう得しかない! みたいな説明をするんですね。もうさ、そこまでメリットばっかり説明されると、逆にうさんくさく感じて一切買う気なんか起こらない。

なのにその担当者、今すぐ契約しましょう的なすごいノリなんですよね。あーゆー感じに強く推すことで、勢いで契約しちゃう人も結構いるのでしょうね、たぶん。 

ほんとに特典のホテル宿泊権を頂きました

とゆーことで、買う気にさせられる説明では全くなかったので、猛烈な押しにも負けたりせず、購入せず。でもほんとに、
20160921-03
特典として、こんな招待状を頂きました。

ただこの時点ではまだ、もーれつに予約が取りづらいのじゃないかとか、なんか余計なチャージがかかるんじゃないかとか、 すんなりとはいかないカラクリがあるんじゃないかと疑ってたのですけどね・・・。

ほんとに予約できた

一応ほんとに予約できました。

上の招待状に書かれたフリーダイアルに電話すると、おそらく裏でIP回線で現地につながっているのでしょう、微妙に日本語がおかしいオペレータが日本語で対応してくれます。 

ほんのちょっとおかしい日本語のせいでイラッとすることも多々ありましたが、最終的にはほんとに予約できました。

ちょっとした注意点とすると、日本のGWとか夏休みとか、そういう繁忙期に利用しようとすると1日当たり$50かかること。3人で利用するには、third person charge として1日当たり$50かかること。さらに3人目のベッドも必要ならベッド台として1日当たり$50かかること、かな。繁忙期に3人で利用すると、トータルで1日当たり$150かかっちゃうので、そこそこの負担になってしまいますね。 

ほんとに利用できた

後ほどこのブログに書く予定ですが、先日これを利用してハワイに行ってきました。
ハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジ3泊です。
詳細は後で書きますが、チェックアウト時の精算では、(当たり前ですが)滞在中ルームチャージとして利用した食事代しか請求されませんでした。 

まとめ

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジではそれなりに良い部屋が割り当てられました。たぶん、普通に予約したら3泊で$1,000は下らない感じでした。タイムシェアの物件を買う・買わないは別として、とにかく「説明を聞くと無料宿泊ができる」部分についてはすごく得した気分です。

でもあれですよね、こういう費用って、タイムシェアの物件を購入した人が支払った(支払ってる)お金から出てるわけですよね、、。相当ボッてるってことなんだよな、やっぱり。




↑ LINEで更新通知が受け取れます。
よろしければぜひ登録を!