昨日の記事にも書きましたが、2015年4月1日から国際線乗り継ぎ割引運賃の規則が変更になります。

※2015年4月1日販売分から、国際線乗り継ぎ割引運賃は韓国・台湾・中国・香港行き運賃をご利用の場合にご利用いただけます。

「沖縄発東京経由シンガポール」という国際線の最初と最後に、国際線乗り継ぎ割引運賃で東京→沖縄、沖縄→東京が付けられなくなるため、今までのように超効率良くFOP・マイルを稼ぐことができなくなってしまいました。

とは言っても、沖縄発東京経由シンガポールは今まで通り通し運賃が設定されているわけで、国際線の国内区間に当たる東京-沖縄については高効率でFOP・マイルが得られます。なので今まで国際線乗り継ぎ割引運賃を使っていた部分を、何かに置き換えればそこそこは効率のよいものになります。

沖縄往復の方法をいろいろ比較してみる

何度も書いてますが、OKA-SINとはこういうやつです:

1. 羽田→沖縄
2. 沖縄→羽田
3. 羽田→シンガポール
4. シンガポール→羽田
5. 羽田→沖縄
6. 沖縄→羽田
このうちの、2~5は今まで通り、66,000円くらいで購入可能。あ、4月1日以降はまた1段階燃油サーチャージが下がるので、62,000円くらいになるのかな。

発着地の沖縄に行くための1と、帰ってくるための6を、国際線乗り継ぎ割引運賃以外で考える必要があります。

この1と6をどんな方法でやるといくらくらいになって、入ってくるFOPやマイルがどれくらいになるのか、考えてみます。自分がそうだからという理由ですが、サファイヤのステータスを持っていて、ツアープレミアムに入っていて、JALカードプラチナで購入した場合で比較します。 料金については、ざっくり100円単位は切り上げます。

FOP単価は、料金-獲得マイル×1.5 を獲得できるFOPで割ったものとします。マイルはeJALポイントにすることで1マイル当たり1.5円として使えるので、1マイル=1.5円として計算しています。 

a. 2015年3月31日までに購入する場合

今月中に購入すれば、現行のルールで買えますので、国際線乗り継ぎ割引運賃で購入可能です。
330日先までOKですから、3月31日に購入すれば、2016年2月24日まで購入可能。

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
78,000円021,290mile15,240FOP3.023円/FOP

b. ウルトラ先得で調達する場合

1と6、すなわち沖縄往復をウルトラ先得で購入する場合で考えます。
半年くらい先のを見てみると、東京→沖縄は午後出発ならば15,000円くらい、午前出発だと20,000円くらいになります。沖縄→東京については、午前出発なら15,000円くらい、午後出発だと20,000円くらいになります。
沖縄に数時間滞在するためには、結局往復40,000円くらいにはなってしまいますね。
11,000円で済んだ国際線乗り継ぎ割引運賃と比較して、3万弱コストアップです・・・。

ただアレですね、4月1日以降は燃油サーチャージが4,000円下がります。

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
102,000円021,240mile13,456FOP5.213円/FOP

ウルトラ先得なので第1区間と第6区間のマイル積算率が75%となって獲得マイルも獲得FOPも下がるはずなのですが・・・
獲得マイルについては、値段が高くなった分ショッピングマイルが増えて、a の場合とほとんど変わりませんね。 

c. 特典航空券で調達する場合

1と6、沖縄往復を特典航空券で調達する場合で考えます。
JALカード割引で11,500マイル。 

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
62,000円11,500mile16,616mile10,504FOP5.172円/FOP

第1区間と第6区間をマイルでまかなっているため出て行く現金は少なくなりますが、両区間で得られるFOP・マイルともに0。bと比べるとFOP単価はほぼ一緒。

d. おともdeマイルで調達する場合

これは2人~4人のグループでやる必要があるので一般的にはあまり使いやすい方法ではないかと思いますが、3人でやる場合の1人当たりの数値を計算してみます。
3人のうち1人が10,000マイル、2人が往復で26,580円。計算上、平均して1人当たり18,000円+3,333マイルかかるものとします。

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
80,000円3,333mile19,352mile12,472FOP4.488円/FOP

上記獲得マイル・獲得FOPは、3人の平均にしています。

e. 他社便で調達する場合

1と6の沖縄往復を、例えばスカイマークとか、LCCで調達する場合です。
実際いくらくらいなのかわかってないのですが、仮に20,000円で手に入ったとして計算してみます。

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
82,000円016,776mile10,504FOP5.411円/FOP

当然ながら第1区間と第6区間はFOPもマイルも入ってこないのでa~dと比べて獲得マイル・獲得FOP共に少なくなります。この沖縄往復が20,000円で調達できたとしてもFOP単価的に他より効率が悪くなりますね。

一覧にまとめて比較してみよう

沖縄発東京経由シンガポールをはさむ形で用意する東京-沖縄往復、その方法によって料金や獲得マイル・獲得FOPがどうなるか見てきましたが、一覧にまとめてみます。

料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
a. 国際線乗継78,000円021,29015,2403.023円/FOP
b. ウルトラ先得102,000円021,24013,4565.213円/FOP
c. 特典航空券62,000円11,50016,61610,5045.172円/FOP
d. おともdeマイル80,000円3,33319,35212,4724.488円/FOP
e. 他社便82,000円016,77610,5045.411円/FOP
やっぱりaの国際線乗り継ぎ割引運賃を使うパターンは強力ですよねぇ。FOP単価がおよそ3円ということで、つまり獲得したマイルを全てeJALポイントにして次の旅費に充てるということをすれば、年間15万ほどでサファイヤ維持が可能、ということになります。ただこれ、今月いっぱいで購入できなくなっちゃうんだな。

4月以降はa以外の方法になるわけですが、おともdeマイルがかなり割りが良いみたいですね。今年のようにOKA-SIN 3回ではサファイヤ維持はできなくなりますが、4回でサファイヤ維持可能。32万円使ってサファイヤ維持して、64,000マイルほど残るわけですね。通常のショッピングマイルで年間20,000マイルくらい貯まれば、これも毎年ビジネスでヨーロッパに行けるパターンですね。

ウルトラ先得と特典航空券では、FOP単価的にはほぼ同じ。ここではマイルの価値を1マイル=1.5円で計算していますが、マイルをためてビジネスで欧米へとか考えている人にとっては、マイルの価値は2.0円~3.0円で計算してもいいはずです。その場合には、残るマイルが多いウルトラ先得の方が得、ということになります。

ちなみに、1マイル=3.0円で考えた場合のFOP単価は以下のようになります。
料金使用マイル獲得マイル獲得FOPFOP単価
a. 国際線乗継78,000円021,29015,2400.927円/FOP
b. ウルトラ先得102,000円021,24013,4562.845円/FOP
c. 特典航空券62,000円11,50016,61610,5044.441円/FOP
d. おともdeマイル80,000円3,33319,35212,4722.561円/FOP
e. 他社便82,000円016,77610,5043.015円/FOP
やっぱりおともdeマイルがトップですが、残るマイルが大きいのでウルトラ先得バージョンもいい数字になりますね。