JGC修行を思案中のさきママさんより、メッセージで以下のような質問を頂きました。

JALホームページで7月23日出発希望、沖縄~シンガポールを一番安い価格で検索したところ、空きはありましたが、羽田~シンガポール席が予約できません。JALに問い合わせたところ、事前席枠はいっぱいで、72時間前か、当日席予約をするようにといわれました(6月28日)

また前後に沖縄をつけたいといったら、4月1日からは正規料金になり、すべてで17万円ほどになると言われました。 私の言い方が間違っているのか、聞き間違いなのか、どちらかかと思われます。

このサイトに書かれていることを含め、2015年3月31日以前の情報を元にしてしまっていて混乱してしまっているのかもしれませんね。

とゆーことで、噛み砕いてお答えします!

座席指定について

7月23日出発で、羽田→シンガポールの座席指定が出来ないということですが、この羽田→シンガポールは24日00:05発のJL035ですかね。

今見てみましたが、確かに事前指定枠はいっぱいのようですね。たまたま1席だけは空いてましたが。

でもまぁ、事前指定ができないだけですから、JALの言うように、Webチェックインの時か、当日チェックインカウンターで指定すれば済むことかと思います。

OKASINに17万も払ったらだめですよ!

沖縄発シンガポール(沖縄⇒東京⇒シンガポール⇒東京⇒沖縄)だと、往復ともにダイナミックセイバーFで取れれば62,000円くらいだと思いますが、今のタイミングで7月23日くらいを取ろうと思ったら、もうちょっと高くなりますよね。80,000円くらいでしょうか。

で、沖縄発東京経由シンガポールでFOPを稼ぐ!の記事では、その沖縄発シンガポールの前後に国際線乗り継ぎ割引運賃で東京→沖縄、沖縄→東京を追加しろと書いてあるわけですが、この国際線乗り継ぎ割引運賃は2015年4月1日以降使えなくなりました。

なので、電話で単に「前後に東京→沖縄、沖縄→東京を付けたい」と言っても普通運賃にされてしまって、トータルで17万円とかすごい金額を言われてしまうわけです。

2015年4月1日以降は別の方法で手配

国際線乗り継ぎ割引運賃が使えないわけですから、何か別の方法で前後の東京→沖縄、沖縄→東京を調達する必要があります。

4月1日以降のOKA-SINについて考察の記事にその方法がいくつか書いてありますが、さきママさんの場合、「b. ウルトラ先得で調達する場合」を参考にして下さい。

あ、でもあれですね、7月23日と言ったらもう日が近すぎて、先得では買えませんね。
特便割引3で買うことになるのかと思いますが、片道30,000円くらいしちゃってますね。 


この時期、沖縄発シンガポール行きの部分も安くないですし、前後に付ける沖縄往復の分も6万円くらいかかりそうだし、なんか、もったいない気がしますね、やっぱり。