普段よくコメントを頂く sumi10 さんより、メッセージで以下のような質問を頂きました。

1. マイルをeJALポイントに交換してチケットを購入した場合、FOPもそのままつくのでしょうか?
2. 今後の修行はどうでしょうか?単価が上がってもOKASINでしょうか? 香港・韓国に乗継割引で行くとしてOKASIN3回には届きませんよね?

とゆーことで、お答えします!

eJALポイントで購入したチケットにFOPは付くのか

付きます。

マイルもフライオンポイントも、eJALポイントを使って購入したものはお金(カード)で購入したものとまったく違いはありません。

ただ別の記事に何回か書いてますが、eJALポイントにすると 1 マイルの価値が1.5円になっちゃうので、ちょっともったいない気はします。ビジネスクラスの特典航空券をとれば、1 マイル当たり 2~3円の価値になりますからね。

今後の修行について

私としては、今年については予定を既に立てちゃってるので、国際線乗り継ぎ割引運賃が使えなくなった今、どうするかについてはまだあまり深くは考えていません。来年以降どうしようか、という話なので。

で、ぼんやり考えてることをいくつか書いてみますと・・・

今後の修行~OKASIN的なやり方

OKA-SIN的なやり方でやる場合、もはやシンガポールである必要もないんですよね。
1. 羽田→沖縄
2. 沖縄→羽田
3. 羽田→シンガポール
4. シンガポール→羽田
5. 羽田→沖縄
6. 沖縄→羽田

この6区間のうち、2~5は今まで通り普通に買えます。この場合、2と5は国際線の国内区間として、ですね。
1と6は何らかの方法で調達しなくてはなりません。

行き先がシンガポールではなく、たとえば香港の場合、

1. 羽田→沖縄
2. 沖縄→羽田
3. 羽田→香港
4. 香港→羽田
5. 羽田→沖縄
6. 沖縄→羽田

これもこの6区間のうち、2~5は普通に買えます。この場合、2と5は国際線乗り継ぎ割引運賃になります。

この場合でも、1と6は何らかの方法で調達しなくてはなりません。

結局のところ、国際線乗り継ぎ割引運賃の規定改正によって、行き先はどこでも同じ、OKA-xxx をするには1と6を何らかの方法で調達しなくてはならない、ということになったんですね。

となるともはや、行き先はシンガポールにこだわる必要はないでしょう。
単にその行き先の、料金に対する獲得できるFOP/マイルの比較になりますかね。もちろん、そこに行きたい度も加味して、かとは思いますが。

今後の修行~JALのキャンペーンに素直に乗っかる

今年だと、関空-ロサンゼルスでダブルフライオンポイントキャンペーンやってますよね。前には成田-フランクフルトでやってたりしたかと思います。

そういうJALのキャンペーンに素直に乗っかって、さくっとフライオンポイントを稼ぐのもアリだなぁ、と。

旅行ってどこ行ってもそれなりに楽しいですからね。素直にJALに従うのもアリかな、みたいな。

今後の修行~もうそんなことはやめちゃう

いったんJGCになっちゃえば、サファイヤなんか防衛しなくても、おおよそサファイヤと同じメリットが得られますからね。いっそのことサファイヤ防衛なんて目指さないってのもアリだと思ってます。

国際線乗り継ぎ割引運賃を使って安価にOKASINができてたころは、安くマイルも稼げるのでサファイヤ防衛に意味があると考えていましたが、もはやそんなに激しく割りが良い感じでもありませんからね。サファイヤの105%マイルアップボーナスが平JGCだと35%に下がってしまいますが、まぁ、それでもいいかな、と。

で、実際のところどうするかは来年になってみないとわかりませんね。