香港ではかなり安く、自分のスマートフォンでネットができます。 1週間くらいの滞在なら、HK$118 (2,000円弱くらい)で普通にインターネットできます。 普通にコンビニで売ってたりするので、入手も簡単です。2015年9月に香港に行ってきましたので、その時点の様子をリポートしてみます。

海外でインターネットする方法

海外でインターネットする方法について、海外プリペイドSIM導入マニュアル~「シンガポール 2014年」編の記事にその概要が書いてあります。あまり基礎知識のない方はまずそちらをご覧ください。

めんどくさい方のために要約すると、

手間がかからないのはローミング、だけど高いよ
モバイルルータを借りて行くともう少し安くはなるよ
現地でSIMを買うのが最も安くて使い勝手がいいよ

というお話です。

SIMロックを解除しておく

現地のSIMを挿して自分のスマホをそのまま使うには、SIMロックというものを解除しておく必要があります。

一番確実なのは、SIMフリーのスマホを手に入れちゃう。
この辺についても、海外プリペイドSIM導入マニュアル~「シンガポール 2014年」編の記事に書いてありますので見てみて下さい。

到着階の1010で買うのが手っ取り早い

香港の場合、プリペイドSIMはセブンイレブンのようなコンビニでも買えたりするようですが、店によっては扱ってない場合もあるようです。なのでやっぱり、空港でさくっと済ませちゃいたいですよね。

今回は到着して出口を出てちょっと歩いたところにある、
20151107-02
1010 で購入しました。
「1010」の上に横向きの線があるため「TOTO」と読めてしまいますが、「1010」です。
20151107-01
おぉ、あったあった、この「DISCOVER HONG KONG Tourist SIM」です。

ただ、この時店頭に並んでたのは8日間で5G使えるHK$118のやつで、2泊3日の私にはもう一段階下のやつで十分。

「5日間有効のやつが欲しいんだけど・・・」と店員に頼むと、奥から持ってきてくれました。
20151106-03
これです、これ。

5日間有効、データ通信1.5G、お値段はHK$88(1,400円くらい)。

大きいサイズのSIM、Micro SIM、nano SIM のいずれにも対応しているのがあります。

設定までやってくれる親切な店員

頼んでもいないのに、スマホをよこせと言ってSIMの差し替えから設定までやってくれます。
基本、このSIMはアクティベーションとかが不要のやつで、APNの設定さえちゃんとできればすぐに使えるようになります。
私のiPhoneの場合、SIMを差し替えて特に何もせず使えるようになりました。APNも自動設定される感じね。

APNが自動で設定されない場合には、APNに「pccw」と入力すればOK。ユーザ名とかパスワードとか他は一切入力する必要がありません。

奥さんのスマホだけ繋がらない・・・

店員があーだこーだといろいろやってはくれたのですが、なぜか奥さんのスマホだけ通信できるようになりませんでした。

香港到着が結構夜遅くだったし、さっさとホテルに向かいたかったので、あとは自分でやるからいいよとそのままお店を去りました。

ホテルへ向かうタクシーの中で見てみた結果、SIMが逆向きに刺さってますね。
SIMを正しい向きに差し替えて、電源を入れたら無事繋がりました。

どれくらい使えたか

どこでもすんごい快適に使えました。

下の画像はiPhoneでこのブログのトップページを開いたところですが、
20151106-04
赤線で表したように、「4G」でつながってます。サクサクです。 

テザリングについて

まぁ、できない理由がありませんが、テザリングも普通にできました。

前にも書いてますが、このテザリング、SIMがどーとかというよりも、私のスマホがSIMフリーのiPhoneだから、というのが可能だった理由の大きな部分を占めています。docomo のスマホのSIMロックを解除したものでは、仕組み上テザリングはできませんので誤解のなきよう!