20141117-01

イタリアのプリペイドSIMの手配について考えたで書きましたが、今度のイタリア旅行、着いてすぐにネットが使えるよう、イタリアの友人、日本の友人にお願いして、事前に現地のSIMを手にいれることにしました。

イタリアの友人FがローマのショップでSIMを購入
東京の友人Mに25ユーロ渡しておく
この2人が第三国で会う予定があったので、そこでお金とSIMを交換
東京の友人MがSIMを持って帰国

・・・という流れを経て、昨日無事に手に入れることができました。

さすがに10ユーロでは手に入りません

友人Fは「10ユーロで手に入る」と言っていたわけですが、ちょっと怪しいと思っていた通り、トータルで25ユーロでした。10ユーロってのはSIMの代金(SIMそのものが5ユーロ、開通手数料が5ユーロ)。それとは別に何らかのプランを購入するためにチャージが必要で、それが最初15ユーロチャージすることになる、ということみたいです。

ほんとに10ユーロだったら3人分お願いしちゃうつもりだったのですが、実際のところは特別安いわけではないので、1枚だけお願いしました。残りの2枚は実際に「現地で買う」という楽しみに取っておくことに。

ショップの店員が気を利かせて・・・

実はこれ、心配事の一つです。
ショップの店員が気を利かせて、まだアクティベートしないでくれてます。
私らがイタリアに到着する前日にアクティベートしてくれる、と。

日本だったら特に心配はないんですが、イタリアですからね。。
普通にやり忘れるのがイタリアクオリティ。
到着して繋いでみて、繋がらないようだったら実際友人がSIMを購入したWINDショップにわざわざ行かないといけないという・・・
とりあえず、忘れずにアクティベートしてくれることを祈ってます。

海外プリペイドSIM導入マニュアル

そういうわけでして、少なくともSIM 2枚は現地で買いますので、海外プリペイドSIM導入マニュアル2014年11月イタリア編、書けそうです。