マレーシアではかなり安く、自分のスマートフォンでネットができます。 1週間くらいの滞在なら、RM20 (500円くらい)で普通にインターネットできます。 クアラルンプール空港では到着後制限エリア内にショップがいくつかあるので、イミグレで長い間並ばされることにそなえてとっとと手配するのが筋良しです。
2017年1月にクアラルンプールに行ってきましたので、その時点の様子をリポートしてみます。

海外でインターネットする方法

海外でインターネットする方法について、海外プリペイドSIM導入マニュアル~「シンガポール 2014年」編の記事にその概要が書いてあります。あまり基礎知識のない方はまずそちらをご覧ください。

めんどくさい方のために要約すると、

手間がかからないのはローミング、だけど高いよ
モバイルルータを借りて行くともう少し安くはなるよ
現地でSIMを買うのが最も安くて使い勝手がいいよ

というお話です。

SIMロックを解除しておく

現地のSIMを挿して自分のスマホをそのまま使うには、SIMロックというものを解除しておく必要があります。

一番確実なのは、SIMフリーのスマホを手に入れちゃう。
この辺についても、海外プリペイドSIM導入マニュアル~「シンガポール 2014年」編の記事に書いてありますので見てみて下さい。

イミグレを通る前、制限エリア内で手にいれましょう

クアラルンプール空港は、シンガポールのチャンギ空港と同じノリで、出発する人も到着した人も同じところを通ります。なので到着した時にもいろんなお店が利用できます。

日本から行くとサテライト側に到着すると思いますが、そこからエアロトレインでメインターミナルに移動、パスポートコントロールフロアにエスカレーターで下がる、でまっすぐ行くと右側に、いくつかSIM屋さんが並んでいます。
20170203-01
こんな感じです。
私の場合、ちょっと前にクアラルンプールを訪れた友人がそうしたからという理由で、この黄色いお店、Digi で購入することにしました。

もう店員さんも慣れたもんで、こういうメニューを出してきます。
20170203-02
普通の人は、上から2番目のやつでいいんじゃないでしょうか。
私の場合、ホテルでは間違いなくWiFiが使えるし、たったの2泊ですから、迷わずそれにしました。

RM20 という値段を見て、ついつい反射的に0を2つ加えて 「2000円くらい?」と思ってしまうのですが、リンギットですからね、安全に見積もっても×30で円になります。なのでこれ、600円以下です。

設定までやってくれる親切な店員

スマホカバーはこちらで外しますが、それ以外は親切な店員がすべてやってくれます。SIMの差し替えから設定まで、そして接続確認まで。

データの残量は確認できるのか聞いたところ、アプリを落とせ、と。

アプリで確認

ホテルのWiFi環境から、すぐにアプリをインストールしました。
WiFi接続を切ってアプリを起動すると、、
20170203-03
こんなのが表示されました。

まだほとんど使ってませんから、Internet はまるまる 1.5G 残ってます。
真ん中へんに書かれている RM 6.00 は、残ってるクレジットですね。電話をかけたりすると、これが減っていく仕組み。

さらにですね、
20170203-05
いろいろと add-on が用意されています。
300MB Internet (1day) が RM1.00 で買えるようなので、最初の1.5G を使い切っちゃったら、これで追加すればいいんですね。

2泊3日の旅を終えた時の状態は、、
20170203-04
こんな感じ。
ホテルではWiFiがあるからってのもありますが、1.5G もあれば全然よゆーです。

どれくらい使えたか

どこでもすんごい快適に使えました。
どこでもとは言っても、ほとんど遠出してませんので、クアラルンプールの中心から離れてないんですけどね。

でもとにかくこれ、たった500円くらいでこのインターネット環境が得られるって、ほんと素晴らしいですね。